DAYS

日々といろいろ

やまない接客



接客をしていると、感覚としていつも思い出すことがある。
たぶん、からだが覚えている。

働きはじめて、いちばんはじめの後輩が(まだ慣れていない)接客をするたびに
いつも「こんなだった、あんなだった、あー言えばよかった」と報告して、
その報告のたびに「次はこうしてみたら?あのタイミングでさ、声かけたらどうなるかな?」とか。
いっこずつ、振りかえって、切り替えを考えて。
ただ、接客だけに向き合う期間があった(後輩を育てるという期間なのだけど)
育ててるはずが、育てられているなんてことは、よくある話。
だけど、まったくその通りで、育てられてた。
後輩もちゃんと海外に教えに行くほどのスペシャリストになった。

今日、来てくれたYくんが、
「表裏ない人間だから、接客もそのままなんだ。」といった。
表裏ないから、いろんな人の気持ちに添える接客ができるのかもなと思った。

「だけど販売員育ってないんだ。育てたいから百貨店立ちたいんだよね」と言った。
わかる、と思ったし、そういうことか!と気づいた。

売れるから良い接客とは限らなくて、
相手の気持ちになって考えたり、想像したり。販売員の気持ちのやり場とか。
いろんなことが積み重なって、気持ち良い接客が成り立つのだと思った。

その経験を積めるのが、百貨店なのかもしれないと思った。
店頭に立っている間は、自問自答の繰り返し。「こう言えばよかったのかな?」
「どうしたら立ち止まってもらえるのかな?」

納得のいかない繰り返し、工夫の繰り返しが
やがて、周りの空気を掴め、そこに同化する販売員になるのかもと思った。

販売って、とても奥深いものだったのだと思い出させてくれた、東京出張でした。

NIKKAは「人」だった



ここから見えるふたつのホテルは、NIKKAの取引先で
いろんなことを一緒に支えさせてもらっています。(裏方です。)
「香りの広がりかた」「トリートメントの濃度のこと」
「セラピストの職業病の手荒れのこと」など・・。
多くの方が対象で、関わるところこそ、いろんな問題や疑問がでてくる。
その度に、問題がNIKKAにあるのか、別のところにあるのかを考察して、実践して。

プロダクトを取り扱う難しさも考えさせられる3年間と同時に
多くの取引先であるアロマセラピスト業の難しさも考えさせられる3年間。
もしかしたら、プロダクト以上にセラピストの方が難しいかもしれない。
1+1が2にならないことが多い。だからこそ、多くの実例を頼りに積み上げていくしかない。
人のからだとは、それだけ未知のもの。
だけど難しさ以上に「嬉しいお声」がたくさん届いて、それを聴くたび
嬉しいというか、しっかり立とうという気持ちになる。

だけど 「何をどうすれば、どうなるかの形がみえてきた」と思えた、今回の打ち合わせだった。
こちらでもCOCOROさんにお願いしたりで、いろいろ考察してた。
COCOROさんの見立てが的中してて、なるほどなーと思った。
なんというか、NIKKAは「人」なのではないか?というほど
皆さんに気にかけてもらって、育ててもらっている気がしてならない。
ある人がターニングポイントにはいつも「人」がいると言っていて
その「人」は、直接関わっている人の場合あるし、関わっていない場合さえもあるんだ
と言っていて、そうだなー。NIKKAも「もの」だけど
そこには、手にする「人」がいると考えると、「人」なのかあと。

「人」なのかあと、しみじみ。

nehan tokyoさんとエプソムソルトを作るワークショップ




藤巻百貨店さんより、NEHAN tokyoさんのエプソムソルトと
MoonLeaf とNIKKAを使い、あなただけのバスソルトを作る
ワークショップを来週末にします。

調香する香りで、
生理的にからだと心に影響を与えあい、
それによって自律神経のバランスや
内分泌系のホルモンバランスを調整することに関わる

感情に左右される自律神経。
香りを嗅ぎながら、いろんなことに想いを馳せる。
毎日の充実度を香りの質で決める。

いろいろと、特別です。
特別な時間、空間。特別な私に。

[取り扱い店舗]ヒルトン東京お台場「庵スパ TOKYO」さま


tumblr_ofwu4xeJXn1ut48m5o1_1280

日本の香りができること

世界に受け継ぎたい、おもてなしのこころ。
古来より日本人が大切にしてきた「おもてなし」のこころ。
それは単なるこころづかいだけでなく、言葉、礼儀、姿勢、そして接客に宿ります。

屋内プールやジェットバスを備え、
自然の要素を取り入れたスパでリラックスしながら東京タワーやレインボーブリッジなど、
見渡す限りの素晴らしい眺望と共に日本人らしい繊細な美を、丁寧に施してゆきます。

ヒルトン東京お台場「庵スパ TOKYO」では、深い知識とホスピタリティを兼ね備えたセラピストが施術を行います。
心も身体もリフレッシュできる空間を、快適にお過ごしくださいね。

営業時間
10:00~23:00
■トリートメント 10:00~23:00(最終受付 22:00)
電話・予約
03-5500-5520

『アロマテラピーボディトリートメント』

日本の植物の持つ自然治癒力を生かした香りのオイルトリートメントで心と身体をゆっくりと解きほぐしていきます。
時間をかけたトリートメントで身体をメンテナンスするプログラム。
ゲストに合わせたトリートメントをアレンジし心の芯からリラックスしていただけるトリートリートメントです。

=湧=YOU=  60分 18,000円
=璃=AKI=  90分 22,000円

[執筆]sweet特別編集「引き寄せ」の法則で願いがどんどん叶う!


674bc3333cd44090dc5aef1ce4a6c8e3_0643f6743413592506c0a3d8da684055

cfab4d877eb8ba0d2968cdc8b406c40b_9a380a1aee2534d40e47644f63bfbdf2

sweet特別編集「引き寄せ」の法則で願いがどんどん叶う!雑誌の中で

4ページに渡り、引き寄せ力がアップする「香り」の活用術について、掲載いただきました。

写真や作り方なども載っているので、すぐに実践できます。
香りは空気そのものです。あなたの周りに漂う空気=香りに変化をもたせることで
きっといい瞬間を「引き寄せる」ことができる。
あなたもあなたの周りの環境(空気)から変化をつけてみてください。

[オンライン]ORDERはじまりました!


レシピNIKKA はがき (2) (1)
NIKKAらしいORDERページがはじまりました!
もっともっと身近に「私だけの香り」手元に引き寄せてくださいね。

[出版]幸せを引き寄せる「香り」の習慣/幻冬舎


9817
NIKKA代表:成田麻衣子の初の書籍が発売されました。
幸せを引き寄せる「香り」の習慣/幻冬舎
Amazon

P212の森林の香りに隠されている秘密ー森林の香りを取り入れると暮らしが変わる
ここのセンテンスは、NIKKAの想いも使用法も詰め込みました。
是非、本屋さんでみつけてくださいね!

[掲載]アロマテラピー機関誌AEAJ「和精油ことはじめ」を監修


AEAJ_1506_01 AEAJ_1506_02 (公社)日本アロマ環境協会が会員向けに発行している機関誌「AEAJ」No.76(2015年6月25日発行)の第一特集、 『和精油ことはじめ』の監修を弊社代表 成田が担当しました。

日本全国の和精油に関する情報が集まっています。
通常、日本アロマ環境協会(AEAJ)の会員向けの機関誌になっておりますが、
一般の方もお求め頂くことが出来ます。
和精油を詳しく知りたい方にオススメの1冊です。
詳しくは下記のAEAJウェブサイトをご覧いただくか、弊社までお問合せ下さい。
http://www.aromakankyo.or.jp/aeaj/publication/magazine_bk/

[掲載]モンゴル初のアロマテラピー書籍にNIKKA


tumblr_inline_npsewxlJtQ1tsykyy_540
先日、モンゴル初のアロマテラピー書籍「АРОМАТЕРАПИ-АНХИЛУУН УРГАМЛЫН УВДИС」が出版されました!

こちらの本の中ではオーナー成田が日本のアロマセラピストの一人として紹介されており、和精油ブランド『NIKKA』もご紹介いただいております。

”モンゴルで正しいアロマテラピーを広めたい”
という著書:久原エルカさんの思いが詰まった一冊です。

モンゴルでは、はじめてのアロマテラピー本です。
これからの可能性が楽しみですね!

[本店]「Handmade Savon for NIKKA」


「Handmade Savon for NIKKA」
純粋にNIKKAの精油のみを使用し、てづくりせっけんを作るワークショップを
開催しています。

内容:和の香りを放つ抗菌力抜群せっけん
料金:1回5000円+税
時間:90分
場所:大阪府池田市栄本町7−1(MoonLeaf)
受付:随時受付(第3希望までお知らせください)
お申し込み:072−737−7774またはinfo@nikka-aroma.com
担当:木下朋子

*こちらは、1回のみのワークショップです。